BLOGTOP
Facebook instagram twitter
Official Site
online shop
2019.01.07

アクセサリーをつけると気分があがる!

こんにちは、PePe本社・統括マネージャーの朝日です。

私は、平成9年に入社しました。
平成22年に本社勤務になる前は、最初に札幌東苗穂サティ店に配属されてから(サティ・・・懐かしい名前・・・もう知っている人は少なくなっているのかしら?閉店の時に流れる音楽が、たぶんサティさんオリジナルの音楽で女性の熱唱系だったことを思い出します・・・覚えている方、コメントお待ちしてます!!)
その後、旭川マルカツ店⇒春光サティ店⇒旭川西武百貨店⇒ポスフール永山店など13年の店舗経験があります。

店舗の時は毎日、「今日はどれにしようかな~~~」とピアス・ネックレス・リング・ブレスレットを選んで装着!!
・・・すると、不思議なことに、やる気が溢れてきて「よし!今日も一日頑張るぞ~~~!」と出勤していました。

私にとって、アクセサリーやジュエリーは、身に付けることで見も心も引き締めてイキイキと職場へと向かうための武器のようなものだったんです。

もちろん、当時はデートの時にも必須でした!( *´艸`)

今のお気に入りはこちら!

大人気の動物シリーズピアス。
その中から私が選んだのは「シカ」です。

珍しさと、面白さ、そしてよく見るとステンドグラスとか七宝焼きみたいに、様々な色が入ったキレイな色合いに心奪われたのです♡♡♡

しかし・・・この「シカ」、気をつけていてもマフラーに引っかかります!
髪の毛にも引っかかります!(;o;)
それでも好きなのでつけてしまうのですがアクセサリーは本来華奢で繊細でデリケート。

その女性らしいデザインを楽しむものなので、欧米のように数十万~数百万円するようなごつめで大きな石がついたものをお祖母様からお嫁さん、そしてその娘さんへと引き継いでいくようなジュエリーでない限り、繊細なデザインのものは引っかけたりぶつけたりすれば簡単に壊れます。

でもそれは販売する側としてでなく、入社する前からアクセサリーが好きで毎日身に付けていた者として理解した上で身に付けている自分の責任!と思っています。

たまに、「引っかけたくらいですぐに壊れる物を販売するな!」とお客様からお叱りを受けることがありますが、本来、アクセサリー・ジュエリーは繊細なんです!!ご理解いただきたいと切に、切に、思う次第です(;o;)

もし、ちょっとしたことでチェーンが切れたり、細いリングがゆがんだりするのが煩わしい方へは、チェーンもリングもごつめのものをオススメします☆
つけっぱなしにしたい方へは、石がついていないものをオススメします☆

長年の経験で自分が経験してきたことを、お客様にアドバイスできるようになって、アクセサリー好きなお客様は同じような経験をされている方が多く、とても親近感をもって、楽しく接客をさせていただいておりました。

そんな店舗時代が懐かしい今日この頃。

よく壊したりなくしたり、忘れたりする私・・・ついでに言えばよくつまずいたり、階段からなぜか正座で滑る落ちる私・・・(しかも3回)
あまりにおっちょこちょいなため、他の店舗からは「厳しいらしいよ~~~」と噂されている責任者だったのに、よくスタッフに「はいはい、これ忘れてますよ~」などと面倒をみてもらっていました(笑)

ピアスがひっかかるのは絶対に嫌なの~という方にはこちらがお勧め
数年前の私のブログ、ご覧ください。
http://www.accessory-pepe.co.jp/blog/acc/2245

 

オンラインショップバナー

スタッフ募集
ただいまアクセサリーPePeでは、販売スタッフを募集しています。
募集店舗等、詳しくはこちらをご覧ください

The following two tabs change content below.
朝日 恵

朝日 恵

営業統括マネージャー
デリケートで繊細なA型 / いて座 / 未年
■好きなもの:白米 / 日本酒 / 滝 / 山の景色 / 侍 / 神社 / ネコ
■好きなアーティスト:ONE OK ROCK / 東方神起 / エアロスミス / SIAM SHADE
■好きな言葉:誠心誠意 / 死ぬこと以外はかすり傷
■好きな映画:ダイハード / 海猿  
コメントはこちらをクリック

Comments

  1. 御社の制作スタッフは、石を持ち帰ってそれを他人に譲渡したりが許されるのでしょうか?
    お名前は伏せさせていただきますが、御社の制作スタッフがそういう事を行なっています。
    私も個人的にアクセサリーを制作しているので、石を自由に使えるのなら助かるのですが…

    • 朝日 恵
      朝日 恵 on said:

      コメントありがとうございます。
      また、当社のためにご忠告ありがとうございます。

      しかし、当社は社内で商品を製造しておりませんので、ルースは一部店頭で扱っていますが石を勝手に持って帰れるような状態にはありません。

      また、制作スタッフはおりますがお客様から受けた特注のリングやペンダントトップなどのデザイン枠をワックスで作るという作業です。
      その後の金属や石を加工する工程はメーカー様の工場にお願いしています。そのため社内には石はありません。

      「御社の制作スタッフは、石を持ち帰ってそれを他人に譲渡したりが許されるのでしょうか?
      お名前は伏せさせていただきますが、御社の制作スタッフがそういう事を行なっています。」

      このコメントが事実であれば社内で精査させていただきたいと思いますのでこちらへ詳細コメントをいただけますと幸いでございます。
      info@shop-pepe.jp

      アクセサリーペペ 統括マネージャー 朝日

  2. そうなんですね、持ち帰ることは出来ないようですので私の勘違いだったのでしょう。
    御社の(おそらく)会社名が記載された小袋に、ダイヤ?やらのルースがたくさん入ったものを所持していましたからてっきり。
    不躾なコメントにより、不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。

    • 朝日 恵
      朝日 恵 on said:

      不快だなんてとんでもないです。
      コメント有難うございました。

      アクセサリーペペ 統括マネージャー 朝日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
2019年3月
M T W T F S S
« Feb    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE
TOP